刑事弁護ついてのサイトです。神奈川県厚木市の法律事務所が管理しています。

刑事弁護のご相談(相模川法律事務所)費用相談予約
フリーダイヤル0120-141-9618:00~20:00 
携帯からも通話無料【事務所アクセス】
.

弁護士石井

TOP
所属弁護士
刑事弁護の意義
刑事手続の流れ
対応地域等
対応事件
費用
相談予約・地図
ケース紹介
FAQ
リンク

ロゴ

相模川法律事務所
〒243-0018
神奈川県厚木市中町4-14-3
雅光園ビル702号室
小田急線本厚木駅
TEL:046-297-4055
業務時間:8:00~20:00
土日も可
--------

<主要業務エリア>
神奈川県厚木市、海老名市、平塚市、座間市、伊勢原市、秦野市、小田原市、南足柄市、愛川町、清川村、大井町、松田町、箱根町、湯河原町、真鶴町、中井町、大磯町、山北町等神奈川県県央地域および県西地域。
本厚木駅ほか座間、海老名、厚木、愛甲石田、伊勢原、鶴巻温泉、東海大学前、秦野、渋沢、新松田、開成、栢山、蛍田、足柄、小田原、平塚駅など



控訴手続

一審の判決に不服がある場合、控訴も可能です。

判決の際に告知されているように、控訴の提起期間は、第一審判決宣告の日から14日。初日を算入しませんので、判決宣告の日も含めると実質は15日間あります。

控訴がされると、第一審の裁判記録が、控訴審の裁判所に送付されます。その前に、第一審で整理をおこなうなどの事情があるため、送付は判決からだいたい1か月程度でされることが多いです。

控訴した後の保釈申請は、裁判記録を保管している裁判所に対して行います。そのため、裁判記録が第一審にある場合には、第一審裁判所に、控訴審の裁判所に送られた後は、控訴審の裁判所に対して申請します。

控訴審での手続について、具体的に決められるのも控訴審に裁判記録が送られた後です。


控訴審の手続では、何を控訴事実とするのか(事実誤認や量刑不当など)を明らかにし、量刑不当を訴えるのであれば、控訴審での情状証人や書証、被告人質問の準備を進めることになります。これらの申請をする場合、事実調請求書を提出します。被告人質問も、事前に請求しないと実施されません。

控訴審の判決は、争いがない事件では、第1回公判期日の2週間後程度にされることが多いです。

事例 控訴審弁護の事例~執行猶予


刑事弁護相談版TOPへ