刑事弁護ついてのサイトです。神奈川県厚木市の法律事務所が管理しています。

刑事弁護のご相談(相模川法律事務所)費用相談予約
フリーダイヤル0120-141-9618:00~20:00 
携帯からも通話無料【事務所アクセス】
.

弁護士石井

TOP
所属弁護士
刑事弁護の意義
刑事手続の流れ
対応地域等
対応事件
費用
相談予約・地図
ケース紹介
FAQ
リンク

ロゴ

相模川法律事務所
〒243-0018
神奈川県厚木市中町4-14-3
雅光園ビル702号室
小田急線本厚木駅
TEL:046-297-4055
業務時間:8:00~20:00
土日も可
--------

<主要業務エリア>
神奈川県厚木市、海老名市、平塚市、座間市、伊勢原市、秦野市、小田原市、南足柄市、愛川町、清川村、大井町、松田町、箱根町、湯河原町、真鶴町、中井町、大磯町、山北町等神奈川県県央地域および県西地域。
本厚木駅ほか座間、海老名、厚木、愛甲石田、伊勢原、鶴巻温泉、東海大学前、秦野、渋沢、新松田、開成、栢山、蛍田、足柄、小田原、平塚駅など



FAQ(よくある質問)

Q 10日間の勾留を縮める方法はありませんか?


刑事事件で逮捕されると、その後、10日間の勾留がされ、長期間身柄拘束が続くケースが多いです。

逮捕・身柄付送致
↓
勾留・勾留延長
↓
起訴

10日間の勾留は、延長されることもあります。

2013年の検察統計によると、全国で、
勾留が認められた件数が10万9686件、
勾留請求が却下された件数が1790件、です。
この数字だけを見ると、検察官が勾留請求をすると、98パーセント以上が勾留を認めていることになります。


何もせずに、この日数が縮むのは、期限前に検察官の捜査が終わったようなケースですが、せいぜい1、2日です。多くの事件は、最終日に起訴・不起訴の判断がされます。

検察


勾留の日数をもっと縮める方法はないのでしょうか。

勾留の決定が出されてしまった場合の対策は、

・勾留の取り消し

・準抗告

があります。

また、これらの申立に役立つ可能性がある手続に、勾留理由開示があります。


取り消しや準抗告が認められれば、釈放されます。

ただ、勾留の取り消しや準抗告を認めてもらうのは、かなりハードルが高いのが現実です。

勾留自体は、罪証隠滅のおそれや逃亡のおそれがあれば、比較的、簡単に認められてしまいます。

その決定を覆すには、これらのおそれがないと理解してもらわなければなりません。
捜査の状況から証拠隠滅のおそれがないことや、身元引受人の確保、逃げない事情(定職、定住など)を主張していくことになります。

このような個別事情のほか、犯した罪の重さも影響します。

殺人罪の容疑であれば、重い罪ですので、逃げそう。
条例違反の容疑であれば、そこまで重くないので、逃げなさそう。

というイメージです。


ご家族が勾留されたときに、そこまで重くない罪であり、逃げない事情がある場合には、弁護人に依頼して、準抗告をしてもらうことも検討に値するのではないでしょうか。

もちろん、勾留が認められる前に動いた方が、勾留されない確率は高まります。



刑事弁護の相談版TOPへ